しみを消すには医療機関へ|最新技術のスプリングスレッドで肌を若返らせる
婦人

最新技術のスプリングスレッドで肌を若返らせる

このエントリーをはてなブックマークに追加

しみを消すには医療機関へ

医師

市販薬で改善しない場合は

ドラッグストアで販売されているしみ改善の市販薬を使用していても、しみが改善されない場合があります。そのときは悩むよりも、東京の医療機関への受診を考えてみましょう。たかがしみと言ってもその種類は何種類もあり、そのしみに応じた適切な処置をしないとしみを改善するのは難しいものです。まずは、東京にある医療機関で診察を受けてしみの種類を知ることが大切です。診察を受ける場合は、皮膚科でも美容皮膚科のどちらでもいいのですが、できれば皮膚科と美容皮膚科の両方を診療している病院に行きましょう。理由は、基本的にしみ治療は保険診療を受けることはできないのですが、ある一部のしみに対しては保険診療でしみ治療することが可能だからです。皮膚科では一般に保険診療が適用されるしみ治療を行っていることが多く、治療内容は限られてしまいますが安くしみ治療を受けることができます。一方、美容皮膚科は基本的に自由診療のしみ治療に力を入れているので、治療費はかかりますがその分しみ治療には強いと言えます。その為、皮膚科と美容皮膚科の両方のメリットをもつ病院に行きましょう。

自由診療になることが多い

しみ治療は基本的に自由診療で行われることが多いので、東京の皮膚科や美容皮膚科の病院ごとに治療費に違いがあります。しかし、高額だからその病院がいいのかと言えばそうでない場合も多く、安いから悪いわけでもないのがしみ治療です。しみ治療は、レーザー・内服薬・塗り薬などをしみの種類ごとに使い分けて治療が行われます。しみの種類が違えば治療法も異なりますし、またできたしみの種類が複数ある場合は、どのしみから消していくのかを医師が判断する必要もあります。しみ治療は、医師の経験値がものを言う治療でもあるので、なるべく経験豊富な医師に治療をお願いするのがお勧めです。その為には、複数の東京の皮膚科か美容皮膚科に行き、カウンセリングを受けてみましょう。